食べ過ぎを止めるTOP > ちょっと難しいケース

ちょっと難しいケース | 食べ過ぎを止める記事一覧

 

心の奥にある大きな悩み

ドカ食いを頻繁に繰り返すなら、もしかすると、そのドカ食いは、あなたの胸の奥深くフカ〜クに押し込んだ悩みを忘れるための手段として、あなたが無意識のうちに行っている場合があります。

ドカ食いに限らず、アルコール、覚せい剤、さらにはギャンブル、買い物といった手段を選んでいる場合もあるでしょう。人によっては趣味や仕事に異様に没頭するのは、辛い悩みを忘れるため、一時でもそれを見ないようにするためだったりすることもあります。

こういう場合、ドカ食いをやめようと思うなら、悩みの対象となっている問題が大きい場合は、まずそれを小さくする、あるいは解決することを優先します。

あなたをドカ食いに走らせている主犯はその問題だから。

食欲とか食べ物というのは、あくまでも表面的な問題であって、本当の問題はその主犯なんですよ。

なので、もしあなたがドカ食いで悩んでいるとしたら、何があなたをドカ食いに走らせているのか、一度じっくりと考えてみるといいですよ。

ここで1つ知っておいて頂きたいことがあります。

それは、主犯格の問題に取り組むことなく、ドカ食いで太ったから、食べるのを減らそうなどとピントのずれたダイエットをすると、かなり悲惨な目にあうことがある、ということです。

ドカ食いはとまるどころか、さらに激しくなっていくでしょう。

あなたをドカ食いに走らせている問題、それが小さいなら上手にダイエットすればドカ食いはおさまることも結構あります。でも、問題が深刻な場合は、ダイエットはただの対処療法と同じです。 放っておけば、問題も体重も両方ともさらに深刻になっていくでしょう。